top of page
つながろう こころとcocoloのプロジェクト 2024

 

【ここサポ】
こころのサポーター養成講座2024

大切なひとに、たったひとつの命に寄り添いたいから。

閉塞感のある今、さまざまな生きづらさに直面しながら生きていく姿があります。

誰もが暮らしやすく、いきいきといのち輝く社会について、考えてみませんか。

■会 場…富山県総合情報センター(富山市高田527)

■時 間…13時30分から16時30分まで   初回に講座全体のオリエンテーションを行います。

■参加費…無料

■定 員…30名   全5回を受講していただける方を優先受付いたします。

※講師の都合により内容が変更となる場合がありますので、 あらかじめご容赦願います。

全体ファシリテーター:ダイバーシティとやま/事務局長  柴垣  禎  

第1

6月15日(土)

 
​​情報ビル1F
セミナー室ABC

うつ病やパニック障害など
現代の精神医療の現場から見えてくること

小矢部大家病院  院長 渡辺 多恵

うつ病やパニック障害など本人に起因すると思われがちなものであっても、さまざまなハラスメント等の環境因子が蔓延している現代社会において、精神医療の現場からはどう見えるのか、考えてみます。

第2回

6月29日(土)

情報ビル1F
セミナー室ABC

さまざまな発達障害への理解からはじまる
共生社会の一歩

社会福祉法人くるみ 理事長 岡本 久子

発達に凸凹があるといわれる発達障害。書店には多くの本が並んでいますが、理解は進んでいるのでしょうか。地域の中で発達障害と向き合っている現場から、多様な存在を認め合う共生社会を考えてみます。

第3回

7月13日(土)

情報ビル1F
セミナー室ABC

多様な人が暮らしやすい社会とは
~ムスリム女性の視点から見えてきたこと

NGOダイバーシティとやま 代表  宮田 妙子

ます多様性ある社会とは、多数派が少数派を容認していくだけなく、個々個別の多様性ある存在が社会を構築していくことではないでしょうか。ダイバーシティと多文化共生の現場から見えてきたことを考えてみ。

第4回

9月30日(土)

情報ビル1F
セミナー室ABC

素直な心がつくる 人間関係
〜感謝の気持ちを発見する方法〜

働けない子どものお金を考える会

代表 ファイナンシャル・プランナー 畠中 雅子 氏

私が死ぬときはこの子も道連れにしていくしかない」。障害やひきこもりの子ども等がいる家庭から耳にする深刻な言葉。一日も早く生活設計を立てておくことに勇気を持って目を向けてみませんか。

〜特別企画〜

8月31日(土)

情報ビル1F
セミナー室ABC

いのちの重さを見つめ続けた23年
~むすめが教えてくれたこと~

グリーフパートナー歩み 代表.精神対話士    本郷 由美子 氏

大阪教育大学附属池田小学校事件で娘を奪われた喪失体験を「人を支える力」に変えたものとは。その体験があるからこそ、与え、与えられるものがある。すべての人が持つ喪失体験から、支えあう社会のあり方を考えます。

〜特別企画〜

9月14日(土)

情報ビル1F
セミナー室ABC

能登半島地震を経て改めて思う
居場所づくりの大切さ

NPO法人じっくらあと 理事長    小浦 詩 氏

輪島市を拠点として活動してきた子供たちの主体的な参加や、多世代交流を通じて地域住民が自ら地域づくりに関わっていくこと、そして能登半島地震を経験して見えてきたことを考えます。

 6月2日(日)より
受付開始

お申込みいただいた方で、受付の返信メールが届いていない方は
今一度メールにてご連絡くださいませ。

確認用メールアドレス
toyama.cocolokai@gmail.com

bottom of page