普段着で考える!女性の活躍に必要なものとは。

 滋賀県女性活躍推進課  課長補佐
 高木 和彦さん
 
林原商店  代表
林原 りかさん

〜とやまcocolo会人材バンク研修会〜

終了しました。

 

 

男女共同参画社会基本法の施行から17年、その間、社会は大きく変わり、女性の社会進出も一定程度の進捗を見ました。しかしながら、今なお政府や経済界では女性の活躍が求められ、働き方の多様化やライフワークバランスなど課題も多く指摘されています。

こうした中、現在の政府や行政において、どのような施策がなされ、また、仕事や家庭の中では、どのようなことを考えていかなければならないのか。そして、その中で生きている私たちの心のあり方とは…。こうしたことを、みなさんと一緒に「普段着」のリラックスした中で考えてみたいと思っています。

ご参考までに、講師のお二人のプロフィール簡単にご紹介させていただきます。

講演会の後は、みなさんの交流の時間も設けております。

それでは、会場にてみなさまをお待ちしております!

 

 

日時:

2016年 9月19日(土・祝)

13:30〜16:30


会場:サンシップとやま701号室

   〒930-0094 富山県富山市安住町5−21 地図

 

参加費無料(先着30名さま)

※とやまcocolo会の人材バンク登録者は申込不要です。

 

 

スケジュールと講座内容

 

〈おはなし1〉

「女性活躍推進施策の現状と課題」

高木 和彦 さん  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈おはなし2〉

「暮らしの中で思うひとりの女性として」

林原 りか さん  

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈おはなし3〉

 グループワーク

「普段着で、みんなで考えよう!」

ファシリテーター/ダイバーシティ研究所  客員研究員 

                   柴垣 禎さん

 

滋賀県女性活躍推進課、課長補佐。

ブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州駐在勤務の経歴を持ち、国際交流の業務経験が豊富。自ら率先して在住外国人コミュニティとの交流を深めるなど、仕事に臨む姿勢は、常に生活者目線。NPO法人の副代表理事も務め、週末には全国各地での講演会に飛び回る異色のスーパー公務員。また、一児の父親として、お弁当づくりや学校行事への参加などイクメン奮闘中!

編集者&ライター。

富山県射水市出身、在住。

大学卒業後、北日本新聞社勤務。結婚を機に他県へ転居。子の出産後、一般企業から在宅ライターへと勤務形態をシフト。その後、家族の病気がきっかけとなりUターンを決意。年史・記念誌を専門とする出版社に入社。同社の子育て応援誌「はっぴーママ富山版」編集長在任中、親、子、夫のそれぞれが抱える人生のイベントが重なり、柔軟な働き方を実践することに。こんな経歴豊かな林原さんほど今回の研修のテーマに適した講師は、他には見当たりませんよ!